【配当金】オオバ(9765)

  • 2020.02.16 Sunday
  • 07:14

配当金(日本株)

 

 

おはようございます。

優待インコです。

 

 

オオバ(9765)」より、中間配当金が入金しました。

1株当たり7円・100株で税引後558円でした。

 

 

 

2020年5月期第2四半期決算は、前年同四半期比で売上高1.8%減、営業利益、経常利益、四半期純利益は共に赤字で推移しています。

直近に公表された通期業績予想と配当予想に変更はありませんでした。

 

 

 

予想配当利回1.88%
自己資本比率55.4%
ROE(実)22.2%
ROA(実)13.9%
EPS(実)99.47円
株主数8499名

 

 

 

2020年合計
配当金(日)税引後2551円
優待1件
配当金(米)税引後$114.02

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

 

応援の1ポチお願いします(^^
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

優待インコ厳選おすすめ書籍の3冊です↓↓

 

株主優待検索が便利

 

10万円以下の売買手数料が0円

 

 

コツコツ積み立て

JUGEMテーマ:株・投資

安永(7271)2020年3月期第3四半期決算発表

  • 2020.02.15 Saturday
  • 07:01

おはようございます。

優待インコです。

 

 

14日に保有銘柄の一つ「安永(7271)」が、2020年3月期第3四半期決算短信を発表しました

前年同四半期比で、売上高14.4%減、営業利益81.4%減、経常利益86.7%減、四半期利益は赤字転落で推移しています。

 

主な要因として、国内では消費税増税の影響等で新車販売台数が前年比で減少し、海外でも米国やタイ、韓国でやや減少、インドネシアは大幅な減少となりました。

その影響でエンジン部品の出荷も減り減収となり、国内の生産減少に加え、メキシコ子会社における受注の伸び悩みやインドネシア子会社における固定費の増加等の影響で減益となりました。

 

配当予想は変更ありませんが、通期の業績予想に変更がありました。

2019年10月に発表した通期業績予想から、売上高2.1%増(+700百万円)、営業利益47.2%増(+170百万円)、経常利益139.1%増(+320百万円)、当期純利益は黒字化へ上方修正されました。

3Qの結果から下方修正かと思いきや、エンジン部品事業において北米のGMグループ向けの受注が、ストライキの挽回生産で回復すること等により増収、機械装置事業における原価低減により増益となる見通しです。

 

 

安永優待201911

 

 

 

安永は三重県伊賀地方の特産品の優待を実施しています。

500株以上ですが、伊賀牛や伊賀米、伊賀の地酒などから選択することができます。

 

 

 

昨日の日経平均株価は-140.14円(-0.59%)23687.59円と続落しました。

引き続き新型コロナウィルスの肺炎リスクが警戒され、週末ということもあり売りに押されました。。

東証一部の出来高は135,175万株、売買代金は2,406,855百万円、値上がり674、値下がり1394、変わらず92でした。

 

 

PFは前日比日本株-0.92%、米国株-0.46%(13日)となりました。

保有銘柄の上位と下位では、「千趣会(8165)」(+3.54%)、「松風(7979)」(+1.99%)、「コカ・コーラBJH(2579)」(+1.57%)などが↑↑、「ソースネクスト(4344)」(-18.29%)、「ブロードリーフ(3673)」(-9.53%)、「ITbook HD(1447)」(-7.17%)などが↓↓という結果でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

 

応援の1ポチお願いします(^^
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

優待インコ厳選おすすめ書籍の3冊です↓↓

 

 

株主優待検索が便利

 

10万円以下の売買手数料が0円

 

 

国内株も米国株でも大活躍です

 

JUGEMテーマ:株・投資

ソースネクスト(4344)2020年3月期第3四半期決算発表&減配

  • 2020.02.14 Friday
  • 07:10

おはようございます。

優待インコです。

 

 

13日に保有銘柄の一つ「ソースネクスト(4344)」が、2020年3月期第3四半期決算短信を発表しました

前年同四半期比で、売上高27.8%増、営業利益45.1%減、経常利益41.5%減、四半期利益は57.6%減で推移しています。

 

主な要因として、翻訳機の「ポケトークS」を新発売した影響や、年末の年賀状シーズンには「筆王」「筆まめ」「宛名職人」の拡販を進めた結果増収となりました。

しかし「ポケトークS」の広告宣伝費や、販売促進費、出荷手数雨量や運賃などが増加し減益の要因となってしまいました。

 

通期の業績予想と配当予想に変更が出ました。

まず業績予想ですが2019年5月に発表した業績予想から、売上高△15.1%減、営業利益△40.3%減、経常利益△37.5%減、当期純利益△54.5%減と減収減益に下方修正しました。

上記の販管費の増加の他に、新型コロナウィルスによる肺炎の影響で、主力製品の生産元である中国工場での生産台数の確保が不透明となったためです。

 

また同時に期末配当も、1.23円→0.56円0.67円の減配となっています。

コロナウィルスの影響が早くも出始めていますね。

「メイドインチャイナ」の製品は数多くありますので、今後も各企業に影響が出てくることが予想されます。

 

 

 

 

 

昨日の日経平均株価は-33.48円(-0.14%)23827.73円と反発しました。

新型コロナウィルスによる肺炎の影響懸念から小幅反落となりました。。

東証一部の出来高は123,541万株、売買代金は2,377,137百万円、値上がり878、値下がり1190、変わらず91でした。

 

 

PFは前日比日本株-0.08%、米国株+0.64%(12日)となりました。

保有銘柄の上位と下位では、「ビジョナリーHD(9263)」(+12.34%)、「ヤマシンフィルタ(6240)」(+4.39%)、「千趣会(8165)」(+4.10%)などが↑↑、「サンリオ(8136)」(-9.19%)、「MRK HD(9980)」(-9.02%)、「HAPiNS(7577)」(-4.92%)などが↓↓という結果でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

応援の1ポチお願いします(^^
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

優待インコ厳選おすすめ書籍の3冊です↓↓

 

 

株主優待検索が便利

 

10万円以下の売買手数料が0円

 

 

国内株も米国株でも大活躍です

 

JUGEMテーマ:株・投資

サンリオ(8136)2020年3月期第3四半期決算発表

  • 2020.02.13 Thursday
  • 07:42

おはようございます。

優待インコです。

 

 

12日に保有銘柄の一つ「サンリオ(8136)」が、2020年3月期第3四半期決算短信を発表しました

前年同四半期比で、売上高.3.4%減、営業利益36.1%減、経常利益27.9%減、四半期利益は48.9%減で推移しています。

 

主な要因として、国内では消費税増税に伴う影響が物販やライセンス、テーマパーク事業にありましたが増収を確保しています。

しかし海外のうち中国での上位ライセンシー3社の売上げの減少や、香港のデモによる店頭販売の落ち込みなど外部要因による影響がありました。

そのため海外ロイヤリティ売上高減少が特に影響し減収となってしまいました。

また減収に加え販管費が増加したこともあり、利益面でも減益となっています。

中国では新型コロナウィルスの影響もありますので、4Qも厳しい展開が続きそうです。

配当予想や通期の業績予想に変更はありません。

 

 

 

 

サンリオ優待201912

 

 

サンリオはテーマパーク入場券などの優待を実施しています。

100株で入場券3枚と1000円の買い物券1枚が、半年に1回届きます。

また株主総会では1日ピューロランドが貸し切りになるそうです。

一度参加して見たいと思います(^^

 

 

 

昨日の日経平均株価は+175.23円(+0.74%)23861.21円と反発しました。

前日の米国市場が上昇したこと受けて、日本市場も反発となりました。

特に米国でソフトバンク傘下の「スプリント(S)」と「Tモバイル(TMUS)」合弁の差止訴訟で、合弁を認める判決が降ったことを受けて、ソフトバンクが大きく日経平均を押し上げましたが、3Q累計は赤字転落(営業損失:129億円の赤字)でした。

東証一部の出来高は139,577万株、売買代金は2,606,156百万円、値上がり796、値下がり1275、変わらず88でした。

 

 

PFは前日比日本株+0.15%、米国株-0.05%(11日)となりました。

保有銘柄の上位と下位では、「ビジョナリーHD(9263)」(+6.88%)、「ITbook HD(1447)」(+4.55%)、「HAPiNS(7577)」(+3.94%)などが↑↑、「オーハシテクニカ(7628)」(-3.58%)、「ケンコーマヨネーズ(2915)」(-3.54%)、「オオバ(9765)」(-2.94%)などが↓↓という結果でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

応援の1ポチお願いします(^^
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

優待インコ厳選おすすめ書籍の3冊です↓↓

 

 

株主優待検索が便利

 

10万円以下の売買手数料が0円

 

 

国内株も米国株でも大活躍です

 

JUGEMテーマ:株・投資

 

ケンコーマヨネーズ(2915)2020年3月期第3四半期決算発表

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 10:13

おはようございます。

優待インコです。

 

 

10日に保有銘柄の一つ「ケンコーマヨネーズ(2915)」が、2020年3月期第3四半期決算短信を発表しました

前年同四半期比で、売上収益0.8%増、営業利益0.3%増、経常利益3.3増、四半期利益は19.3%増で推移しています。

 

主な要因としては、調味料・加工食品事業ではコンビニ向けのごぼうサラダやきんぴらごぼうなどが増加しましたが、タマゴサラダは減少しました。

また袋タイプのマヨネーズは伸長しましたが、大型タイプのマヨネーズは減少しています。

全連結会計年度より稼働を開始した2つの工場の基盤商材であるポテトサラダが伸長し、売上高や利益面に貢献しています。

配当予想や通期の業績予想に変更はありません。

 

 

 

 

ケンコーマヨネーズ優待201906

 

 

ケンコーマヨネーズは自社商品の株主優待を実施しています。

前回は100株(1000円相当)マヨネーズとドレッシング2本が入っていました。

どちらも毎日のように使う商品なので、とても助かっています(^^

 

 

 

昨日の日経平均株価は-142.00円(-0.60%)23685.98円と続落しました。

先週末の米国市場が下落したこと受けて、日本市場も続落となってしまったようです。

東証一部の出来高は116,146万株、売買代金は2,068,527百万円、値上がり588、値下がり1494、変わらず77でした。

 

 

PFは前日比日本株-0.27%、米国株-0.95%(7日)となりました。

保有銘柄の上位と下位では、「丸千代山岡家(3399)」(+4.74%)、「ファンケル(4921)」(+3.54%)、「システムインテグレータ(3826)」(+2.31%)などが↑↑、「ビジョナリーHD(9263)」(-5.77%)、「アマダHD(6113)」(-5.52%)、「シード(7743)」(-5.47%)などが↓↓という結果でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

 

応援の1ポチお願いします(^^
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

優待インコ厳選おすすめ書籍の3冊です↓↓

 

 

株主優待検索が便利

 

10万円以下の売買手数料が0円

 

 

国内株も米国株でも大活躍です

 

JUGEMテーマ:株・投資

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM